<   2014年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧
F1SCENE 「F1 ART SCENE」写真展
c0078779_15201919.jpg

夏前から動き出していた写真展の企画がようやく実を結んだ。
F1グランプリ・ワールドを独特の世界観で描き出すF1界の気鋭のフォトグラファー集団、
Team ZEROBORDERのフォトグラファーが切り取った2014年シーズン。
テストから決して評判の良くなかった今年のF1だったが、
シーズン終盤になって、やはりF1はF1と多くのファンが納得するシーズンエンドを迎えた。

報道写真やニュースではなくアートとしてのF1グランプリ。
フォトグラファーが写真を載せたいと思うような本を目指し続けて、
昨年、創刊10周年を迎えることができた。
だが10周年はあくまでも通過点、そう言って自分を鼓舞しながら頑張っているのだが(笑)

そして次の節目に向かって進む中で、今回は西武・そごうグループとホンダ・レーシングの協賛で、
「F1 ART SCENE写真展」の開催が実現できた。
今回はもちろんF1SCENEらしさを出しつつも、かつF1を見たことがない方にも興味を持っていただける。
レースファンのみならず、写真や旅行好きの方にもお勧めできる、
ある意味では相反する二つの大きなテーマを盛り込んだ写真展に仕上がった。

僕もできる限り会場に詰めるつもりではあるが、3会場同時、そして開催期間が長いので、
すべての会場、日程ではさすがに不可能だ。
だからあらかじめブログやFBなどで僕がいる日時を告知をするつもりでいるので、
時間のある方は合わせてご覧いただければ、質問や疑問なども含めてお話ができると思うので、
是非会場まで!
by MICROPARIS | 2014-12-24 15:20 | F1 | Comments(11)
Red Roses For A Blue Lady
連日スケジュールは満載だけど、そんな間隙を縫ってでも遊ぶことも忘れないのが僕の流儀(笑)
c0078779_0121421.jpg

というわけで今日の午後は都内のホテルでアフタヌーン・ティーで少しばかり優雅な時間を過ごし、
都内のクリスマス・イルミネーションを巡ってみることに。
c0078779_0222599.jpg

当然、街は華やかでスマホを片手に写真を撮るオジさんも、
なんか嬉しそうだし、すれ違う人たちも笑顔が多く気分が良かった。
c0078779_0134672.jpg

ヘェ〜こんなに綺麗なんだ!正直に驚いた。
LEDの光が奏でるブルー&ホワイト、そしてレッド&ホワイト、
c0078779_014589.jpg

見慣れたつもりでいたけれど、やっぱりいいね!
子供の頃のクリスマスの気持ちが蘇る。
c0078779_0144334.jpg

そして何故か僕の頭の中のジュークボックスが奏でたのがこの曲、
ディーン・マーチンの「Red Roses For A Blue Lady」。
c0078779_030925.jpg

別にクリスマス・ソングでもないし、意味も因果関係も判らないけど、
とにかく頭の中ではこの曲が繰り返されている...(笑)
c0078779_0185787.jpg

師走の街は慌ただしく、せわしないけど、
ふと足を止めて街を眺めてみるのもいいもんだね。
わずかな時間だけどリフレッシュできた。
c0078779_0171155.jpg

さあ、これで明日からまた頑張れるかな?
c0078779_019146.jpg

by MICROPARIS | 2014-12-11 00:20 | Etc... | Comments(4)
そしてまた始まる...
オーストラリアでの開幕から、サウンドの問題や最終戦のダブルポイントなど、
F1の是非を問うまで多くの賛否両論が渦巻く中で、
2014年F1グランプリもアブダビの最終戦で無事に終わった。
c0078779_1953436.jpg

結果的にはメルセデスの独占とはいえ、一番肝心なドライバーズ・タイトル争いは
最終戦までもつれ、ファンの目線として見れば面白かったのではないだろうか?
もちろん、エンターテイメントとしての迫力は確かにスポイルされたかもしれない、
それでも終わってみればやはりF1はF1だったのではないだろうか。
c0078779_196673.jpg

確かに過去のV12のサウンドや幅広いタイヤの迫力を知っている僕からすれば物足りなさは残る...
だがF1が未来に生き残るための試行錯誤の結果が今のレギュレーションだとしたら、
それは認めるべきだと思うし、何よりもチャレンジする試みは評価すべきだろう。
もちろん今年の結果から反省すべき点や、変更をしていかなければならないことも多々あると思う、
そう、トライ&エラーでいいじゃないか。
c0078779_1963549.jpg

どちらかといえばネガティブな話題が多かったシーズンだったが、
最終戦のアブダビはやはり感動的だった。
トワイライト・レースとして、夕暮れのオレンジからパープルに、そしてネイビーから漆黒へ。
刻々と変化をしていくバックグラウウンド、そしてカクテル光線に映し出され輝くマシン。
フォトグラファーにとっては1日の間に様々なバリエーションが狙え、
飽きるどころか、時間が足りないと思うほどだった。
もしかしたら全戦トワイライトにしてもいいんじゃないか?これは僕の勝手な思いだが。
c0078779_197689.jpg

そしてチャンピオン決定の瞬間はいつもそうだが、ここまで撮影を重ねてきて良かったと思う。
最終戦のダブルポイントも結果的には関係なくタイトルは決まったし、
すでに来季はこのダブルポイント制は廃止が決まったようなのでそれは良かったと思う。
やはりギャンブル的な要素が余りにも強すぎるのはちょっと違うだろう。
c0078779_1973376.jpg

2015年、ホンダがエンジンサプライヤーとしてF1に復帰する。
もちろん日本人としては楽しみだし、期待している。
だがすぐに結果が出るほど甘いものではないことも判っている。
ただ何よりも期待したいのは、始めたら今度は何があっても簡単に撤退しないで欲しいということだ。
結果が出ないからと尻尾を巻いて逃げるようなら最初からやらないほうがいい。
今度は極東からのお客さんではなく、グランプリ・ワールドの本当の一員として認められるまでは、
何があっても続けて欲しい。
c0078779_1964473.jpg

そしてお金とエンジンだけではなく、その技術力も、そして何よりもポリシーも忘れないで欲しい。
グランプリ・ワールドの中には通常では体験できない多くのことが凝縮されている。
そんな環境の中にいれは結果的に人は育つものだ。
もしも人を育てようなんて思う気持ちがどこかにあったとしたら、
それは奢りであり、育ててもらおうという気持ちがあったとしたらそれは甘え以外の何物でもない。
どれだけ悔しい思いを重ね、それでも負けるもんか!という気持ちを個人が持ち続けられるか、
あらゆる意味において、今回のF1参戦はホンダにとって素晴らしいチャンスだと思う。
c0078779_199322.jpg

アブダビのレースが終わり、関係者は束の間の休息に入る。
クリスマスを家族や恋人、友人と過ごし、新しいシーズンに向けて充電をする。
年が明ければすぐにテストが始まり、気がつくと開幕を迎えていることだろう。
だから僕も今のうちに充電をすることにしようと思ったのだが、
どうやらこのオフの僕ははやるべきことが山積みで、今の場所にに止まっている余裕は全くないようだ。
だけど何があっても絶対に「負けるもんか!」(笑)
c0078779_1992538.jpg

by MICROPARIS | 2014-12-06 19:10 | F1 | Comments(2)