<   2014年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧
The Old Fashioned Way
今年はスケジュールの巡り合わせで、
久しぶりの開催(RBリンクとしては初開催)のオーストリアGPと、
ハンガリーGP、そしてイタリアGPに行くことができた。
c0078779_1481423.jpg

ここ数年は国内外の他の仕事の関係もあり、思うようにF1に専念できていない。
だから翌年のスケジュールが発表されると、
カレンダーを眺めては行きたいサーキット、行けるサーキッットを探す。
その意味では今年は比較的珍しいスケジュールの組み合わせとなり、
おかげで久しぶりのサーキットが多かった。
c0078779_1545741.jpg

今やヨーロッパラウンドは年間8戦と全体の半分にも満たなくなってしまったが、
やはり私的にはヨーロッパの伝統的なサーキットが好きだ。
アップダウンの激しいレッドブルリンクや自在に動き回れるハンガロリンク、
他にはない撮影ポイントのコーナー、パラボリカのあるモンツァ。
c0078779_1494869.jpg

そしてこれらは好きなサーキットであると同時に、好きな街でもある。
オーストリアの自然とアルプスの山に囲まれた街の空気感、
ハンガリーの古都としての魅力。
そして都市の近くにありながら、巨大な公園の中に位置するモンツァ。
どれも甲乙付けがたい。
c0078779_1503617.jpg

やはりF1はヨーロッパがいい。
アジアや北米、中東、南米多くの国、サーキットを巡った。
新しい近代的な設備のサーキットを幾つも訪れたが、
そこにはヨーロッパのしっとりと落ち着いた雰囲気は無かった。
歴史が街や人にその落ち着きを与えているのだろうか。
c0078779_151510.jpg

自分は東京の下町で生まれ育ったのだが、そこは皆が顔見知りで、
隣近所の夕餉が何かも判るような世界だった。
今の東京のように無関心という言葉とは対局の町だったのだ。
c0078779_1513380.jpg

初めて行ったヨーロッパだが、僕には妙にしっくりきた...
それは旅人さえも旧知の知人のように迎え入れてくれる彼らの懐の広さや、
古き良きものを大切にする心が僕の生まれ育った町と似ていたからかもしれない。
だからなおさらF1はヨーロッパという拘りが僕には強い。
c0078779_1515695.jpg

街を車で走っていて、「ああこの交差点」「そう、ここのカフェを曲がるんだよね!」
次から次へと思い出が、当時の様子が蘇ってくる...
27年という年月を経ても全く変わらない街角がほとんどで、
もの凄くリラックスして街に溶け込める気がする。
c0078779_1522550.jpg

だから初めて海外でF1を観るという方には、やはり僕はヨーロッパラウンドをお勧めする。
レースだけでは勿体ない。
レースの背景にあるものレースを受け入れる街や人も感じて欲しいからだ。
さあ、どうせF1を観るのなら皆でヨーロッパへ!
by microparis | 2014-09-14 01:55 | Etc... | Comments(4)