カテゴリ:LIFE( 6 )
3月11日に思う
c0078779_1212295.jpg

あの日から6年が過ぎた。
どれだけ時間が経過しようとも、決して忘れることなどできないだろう。
シーズンオフを過ごし2011年のF1GPの開幕戦でオーストラリアに向けて色々な準備をしている最中のことだった。
その直後からしばらくはテレビに釘付けとなり、流れてくる映像はとても現実とは思えないものばかりで、
人間のちっぽけさを思い知らされた未曾有の大惨事だった。
正直に言えばF1どころじゃない、その前に僕にできることはないのだろうか?毎日自問自答を繰り返していた。
被災地に向かおうか?幾度となく考え、現実を思うと自分の非力さを嘆いていた。

開幕戦のオーストラリアに向かうという使命感は薄れつつあったが、
そんな時に海外の友人やF1ドライバーたちから心配するメールや激励のメッセージを受け、
悲しみの中に感謝と喜びが生まれていた。
そして自分にできる一番得意なこと、そう写真を撮ること、
その写真の力で日本を元気にしていきたい!強く思いオーストラリアへ向かうことにしたのであった。

6年という時間が過ぎて、そして今年も3月11日を迎えた…僕よりも若く将来のある若者たちの多くの命が瞬時に奪われた。
夢の途中、いや入り口ににすら届いていないような若い彼らの無念さを思うと切なさで涙が溢れてくる。
でも何故か僕は生かされたのだ。そこにはきっと訳があるはず。
その答えはまだ見つからないが、あの日から自分にできることは何でも全力で挑むことにしている。
限られた時間、与えられた時間が何よりも大切に思えるからだ。

今年のF1SCENEも僕を応援してくれる多くの友人たちに捧げたいと思う。そして何よりも僕のそばで苦しい時も楽しい時も一緒に過ごしてくれている相方に感謝したい。
本当にありがとう!
by MICROPARIS | 2017-03-12 12:14 | LIFE | Comments(0)
氷屋の倅、パリへ行く...
韓国での女子バスケットボールの世界選手権は、
取材そのものは順調にいったのだが、皆様の期待通り、何もなかった
わけではない(笑)
c0078779_032479.jpg

帰国前夜のこと。
当時の韓国は戒厳令が敷かれていて、
午後11時にはホテルに戻らなければならなかった。
この時の乗ったタクシーが次から次へ相乗りで乗客を乗せ、
最大4人の乗客が乗った。
c0078779_0333318.jpg

ん?どうなってるんだ?運転手が何か言ってくるのだが、
韓国語のできない僕には全く理解できず、「O.K」と頷くしかなく、
一人だったら20分足らずの目的地なのに回り道をした結果、1時間近くかかり、
かつ料金はメーター分を請求された。さすがに腹がたったので英語と日本語で文句を言ったが、
全く通じず、僕はメータよりも少ない、妥当だと思われる金額を払い車を降りた。
もちろん運転手は何か叫んでいたが、それも通じないので関係なし!(笑)
お互い様だろう!そう思いながらホテルへ戻った。

まあこれから浴びるトラブルの嵐から見れば、これはほんの洗礼みたいなものだが、
これで海外で自分の意見を伝えるのに語学の必要性をハッキリ感じ、
最低でもどこへ行っても喧嘩のできるようになろうと心に誓った(爆)
c0078779_0345441.jpg

小さなトラブルはあったけど、
何とか無事に戒厳令下の韓国での女子バスケットボール世界選手権の取材を終え、
日本に戻ると、初めてのヨーロッパを取材で回るオーダーが入った。
スウェーデン、イタリアを経てスイスを回る単独取材行だった。
憧れのヨーロッパ!ずっと憧れていた映画の舞台。
まさに天にも昇る気分だった…

しかし、その旅の宿の手配やクレデンシャルの申請などを、
自らの手でやる必要があり、当時はまだファックスも普及していないヨーロッパの国もあり、
その頃渋谷にあったKDD(国際電信電話株式会社)に行き、テレックスを関係各所に送った覚えがある。
テレックスって…そう、あの穴の空いた紙テープみたいなものだけど、
今や知らない人の方が圧倒的に多いだろう。
c0078779_034148.jpg

そして諸々の手配をなんとか済ませ、成田空港でチェックインを済ませ、
キャッシュをトラベラーズチェックに変えようとしたのだが…
100万円の現金をチェックに変えるには全てのチェックにその場でサインをしなければならない…
当時1ドル=200円ぐらいの相場だったと記憶しているが、
約5000ドルで、それを20ドルのチェックに替えると250枚になるのだが、
その全て、一枚ずつにその場でサインをしてください!と窓口のお姉さんに言われるし…
でも盗難にあったりしたらまずい。

チェックインを済ませたとはいえ、時間は気になる。
結局必死でサインを済ませ、ギリギリで機上の人となったのだが、
実はそれまでは日本語のサインをしていたのだが、これを機会ににより速くサインができる、
英文スタイルの自分のサインを考え出したというオチもある。
c0078779_0352049.jpg

初めてのロングフライト。当時はヨーロッパに行くには通称南回りか、
北回りのいわゆるポーラー・ルートしかなかった。
そして当時の主流であったDC8などでは、
航続距離が足りず、直航便の運用は不可能で、何れにしてもどこかを経由するしか無かったのだ。
初めてのアンカレッジ、そして妙に日本語の怪しいおばさんたちの作る「うどん」
どれも今となっては懐かしい思い出だ。

最初の到着地はフランス、パリ。映画のシーンでも最も憧れていた街だ。
実は最初の目的地であるスウェーデンに行くには日本からは直接乗り入れがなく、
どこかヨーロッパの都市を経由しなくてはならない。
c0078779_0373032.jpg

選択肢はロンドン、フランクフルト、そしてパリ…
今回の旅は自分で手配関係を行っているので、
フライトの手配を自分でするのであれば、当たり前のようにパリ経由を選択。
たったの一泊、それもパリには夜着いて、翌日の午前中にはフライトでストックホルム向かう。
12時間足らずの滞在、今なら当たり前のように空港エリアのホテルを取るが、
その当時はどうしてもパリの街並みが見たかったので、わざわざ街中のホテルを手配したのだ。

空港からタクシー、これは結構トラウマになっているので、最初に料金を確認して…
夜のパリ市街地に向かった...
by MICROPARIS | 2016-07-07 00:38 | LIFE | Comments(3)
初めての撮影、そして現像
周囲の学生は高校時代に写真部だったり、何とか展入選とか、
ともかくカメラすら持ったことのない僕のレベルではお話にならないのは明らかだった。
まず最初に撮影をしてモノクロームの現像を学ぶのだが、
僕「へぇ〜不思議だ!画像が出てくる〜」同級生達は「焼きが甘いな、黒が締まってないな…」
こんな具合だったのだがら、推して知るべしだ。
c0078779_0591749.jpg

ではどんな学生生活を送っていたかというと、
御茶ノ水にキャンパスがあったので、とりあえず「行ってきます!」とオニギリを作ってもらい、
家を出る。そして僕が向かった先はもう一駅手前の飯田橋。
そう当時はここにギンレイホール、佳作座といったいわゆる名画座があった。
そして入れ替え無しでずっといられたので3本立てを何度も繰り返して見て、
最後にはその映画の決め台詞を覚えてしまうほどだった。
c0078779_0595473.jpg

そして学校に行くのは学園祭と体育祭、野球大会程度になり、
あとはほとんどの時間を映画館で過ごして居た。
元々、親父の家業が浅草の氷屋で花屋敷の真裏に自宅があったので、
幼少期はもっぱら花屋敷が遊び場で、時々親父について氷を納めに、
映画館やロック座についていき、映画館は見放題、ストリップ劇場の楽屋でも人気者で、
「氷屋の僕〜差し入れにもらったお菓子があるからあげるわよ!」なんて、
今思えば露わなオッパイに囲まれていた!(これはもう少し大きくなってから体験したかった…)
c0078779_104482.jpg

そんな過去があるので、当時観た映画は子供には渋いものばかりで、
まさに大人の世界を背伸びして覗き見しているようだったが、
今思えばこの当時から銀幕の世界に憧れ、海外行ってみたい、
イングリット・バーグマンの美貌に子供心に恋をして、
グレース・ケリー、オードリー・ヘップバーンに会ってみたい、
そしてハンフリー・ボガードやロバート・テイラーの渋さに憧れていた。
c0078779_111780.jpg

しかし現実の問題として、僕の学校生活は破綻をきたしていたのだが、
担当の先生が「お前は学校にいてもダメだ!だから卒業して社会でもまれて来い!」
と学業以外のイベントでの活躍を評価したらしく、学校を体良く追い出された形になった。
c0078779_115292.jpg

そして僕に残された猶予はあと2年。
約束の4年後には何かでメシを食ってないと、自衛隊に行かされる…
どうしてもそれは回避したい、真剣に思い悩んだ僕は、
自分が卒業したスキースクールのインストラクターになろうか?そう思っていた。
でも冬はいいけど夏はどうする?スクールに相談したら「うちのリンゴ園で働けば」と言われたのだが、
さすがにリンゴ園はねえ〜
せめてテニスのインストラクターか何かだったら、迷わずに僕はこの道に進んでいたはずだった。

そして卒業を控えた時期に、同級生から撮影のアルバイトをしないか?と誘いがきた。
高校時代自分がプレーヤーだったバスケットボールで国体の試合だった。
もちろんスポーツを撮るなんて初めてだし、右も左も分からない状態だが、
とりあえずなんとかなるか?そう思いカメラを持って、長野の国体会場まで向かった。
c0078779_161466.jpg

おそらくこれが僕の最初の撮影としての「仕事」で、
給料は当時、時給600円。バスケの一試合は約1時間半なので一試合撮ると900円也!
フィルムと現像代は出してくれたが、基本的に版権は会社持ち。
今ならありえないと言えるが、当時の僕にはこれでも破格の条件に思えたのだ。
そして結果的にこの時に撮影した1枚が編集長の目に止まり、僕の運命は大きく動き出すことになる。
by MICROPARIS | 2016-06-21 01:10 | LIFE | Comments(0)
僕の「一番」好きのその訳は...
最初に僕がそもそもなぜ写真家になったか?
その理由を話しておくべきだろう。

僕は中、高生時代、バスケットボールに夢中になっていた。
そして将来は体育系の大学に進み体育の教員になりたい、そう思っていた。
東京都でベスト8に入るか入らないかという程度のチームだったが、
どうやら大学への推薦はもらえそうであった。
c0078779_1059397.jpg

部活の練習は朝7時から8時半まで、夕方は授業終了から夜8時頃まで、
そして休みは12月31日、1月1日の2日間だけと、今考えても相当な練習量であった。
僕の通っている高校は同じ東京都内でも反対側にあったこともあり、
通学に1時間半はかかっていたので、
朝家を出るのは6時、夜家に帰ると10時、
ご飯を食べてお風呂に入って寝るだけと、こんな生活が当たり前だった。
c0078779_10564832.jpg

高校3年生、大学の推薦をもらう段階で身体検査があった。
そしてこの結果が僕の運命を大きく変えることになる...
連日のハードな練習の結果、チームは強さを増して行ったが、
と同時に僕の体にはいつの間にか疲労が蓄積されていた。
その問題の身体検査で、僕の体に異常が見つかり、
希望していた大学への推薦は取り消されてしまった。
c0078779_10594884.jpg

自暴自棄ではないが、某大学の付属高校だった僕は、
自分が進みたい他大学に行けないことから、
付属の大学に行くことさえ興味を失って行った。
高校3年生の秋、みんながそろそろ進路を決めだすころ、
部活も終えていた僕は、毎日夕方4時頃には家に帰っていたのだが、
そんな時に見るともなくスイッチを入れていたテレビ番組の再放送を見ていて、
突然、「カメラマンって面白そうだ!」そう思ったのだ。
c0078779_1101265.jpg

今思い出しても不思議なくらいの衝動であり決断力だった。
翌日学校に行って進路指導の先生に、
「写真学校に行って、カメラマンになります!」と告げると、
その翌日には校長、担任に両親も呼び出され、
「何考えてるんだ!」と「大学の付属高校なんだから大学へ行け!」と、
学校側から説得の嵐を受けた。
c0078779_1111041.jpg

幸いなこと(?)に我が両親は僕の意志を尊重し、我が侭を許してくれ、
「大学に行ったと思って、4年間は時間を上げるから好きにしろ」と言ってくれた。
ただし4年かけてモノにならなかったら自衛隊に行くという条件付きだったが(笑)
それでも不満の担任は「お前は写真なんて撮ったことあるのか?」と最後に僕に尋ねた。
「撮られることはあっても、カメラも持ってないし、撮った記憶はありません!」これが僕の答えであった。
c0078779_1134535.jpg

いま思っても冗談みたいな人生の選択だったかも知れない...
だが本人は至って真面目に、写真学校に行けばカメラマンになれる!
そう思っていたのだから、何も知らないということは強いものである。
しかし写真学校に入ってからの日々は…
by MICROPARIS | 2016-06-16 11:05 | LIFE | Comments(0)
リーチ!の誕生日
リーチの誕生日。
まあよくここまで生きてきたもんだ〜これ正直な感想。
そして感謝の気持ち。
c0078779_02423.jpg

これまで右か左か?上か下か下か?みたいな選択を迫られる瞬間が幾度となくあった。
その都度僕は自分の本能で判断を下し、選び進んで来た。
振り返ってみたああすれば良かった、こうすれば良かったと後悔することはないけれど、
ああしたどうだったろうか?こうしたらどうだったろうか?
異なる選択の結果を想像することはある。
でも現実は今の僕で、個人的には楽しい人生だと思っている。
c0078779_23541969.jpg

そんな基本的には能天気な僕が、
いつしか自分は生かされていると思うようになった。
日本を襲った未曾有の天災。
僕よりもはるかに若い多くの命があっという間に失われていったあの日...
そんな若人のことを思うと、切なく胸が痛む。
そして同時に消え去った たくさんの夢や希望、未来を思うと心が沈む…
c0078779_022897.jpg

でもだからこそ、生かされているのだからせめてその瞬間までは、
精一杯全力で生きなくちゃ!改めてそう思うようになった。
最後の瞬間まで全開で走り続ける、
そんな男で居られるか?自問自答を繰り返した「アラ還」の誕生日だった。

The life is too short,but the life is too interesting!

そして僕はこれからも走り続ける!

P.S
誕生日のメッセージを下さった多くの方々、本当にありがとうございます!
時間はかかってもじっくりとお返事を書きたいと思っていますので!
by MICROPARIS | 2016-05-13 00:05 | LIFE | Comments(1)
突然だけど「僕の一番物語」 Chapter 1
ものすごく唐突だけど、しばらくは僕の「一番物語」を続けていこうかと思っている。
これはかつて個人的に掲載していたブログに書き綴っていたのもだが、
元々、なぜカメラマンなのか?そしてなぜF1なのか?という僕の原点の記録でもある。
タイムリーな話ではないけど、自分の足取りを振り返り、次の一歩を踏み出すためにもありか?と思い、
自分の為に勝手に書き続けることにした(笑)
c0078779_23555172.jpg

イギリス人ジャーナリストM氏に半ば煽られた感じはあるが、
それでもとりあえずパリをベースにF1の取材活動が始まった。
基本的にヨーロッパラウンドは車で移動(前のブログで書いたけど、
あの経験があるので車での移動は苦じゃないので)
そしてフライアウェイはパリからフライトで...そして何シーズンか過ぎた。
c0078779_23562770.jpg

サーキットで顔は合わすが、お互いに忙しくゆっくり話ができる状態でもなく、
常にバタバタしていたのだが、そんな中で久しぶりにM氏と話す機会があった。
僕がパリをベースにしたことは他のジャーナリストから聞いていたようだが、
実は彼は僕がイギリスに来ると思っていたようだ。
そして開口一番「なんでフランスなんだ?」と言ってきた。
僕は残念だけどイギリスのご飯は口に合わないと優しく言って(笑)
そして申し訳なさそうに天気も悪いから…と答えると彼は腹を抱えて笑い、
まるで自分のことのように嬉しそうに「Wel come to the circus!」と僕の肩を大きな手で掴み揺すった。
これでどうやら本当にF1サーカスのメンバーの一員になれたのかな?そう思えた瞬間でもあった。
c0078779_23565971.jpg

パリをベースにして移動するようになると、
自然とフランス系のチームのクルーやスタッフと顔を合わす機会が増え、
いろんな話をするようにもなった。
特にルノーのスタッフにはよく会った(当時はエンジンサプライヤー)
昔、ルノースポーツのボスだったベルナール・デュド氏やミシュランタイヤのデュパスキエ氏ともよく会っていたが、
僕がパリに住んでいると知ると、彼らもよく話しかけてくるようになり、
ルノールポーツに遊びに来いとか、あそこのレストランは美味いぞ!なんて情報もくれるようになった。
c0078779_23572575.jpg

そしてなんとその数年後にはフランスのルノーと日本人カメラマンとして初めて契約をすることになる。
もちろんきっかけはF1SCENEだ。
当時パリの6区、ギャラリー街に在ったオフィスで編集作業をしていたのだが、
シーズンオフのテストからシーズンを通して、ルノーエンジンが撤退するまで、
撮影された写真はシャンゼリーゼのルノーのショールームやサーキットで飾ったり、展示されたりした。
c0078779_023740.jpg

そして最初は「なぜ日本人が…」と受け入れてくれなかった一部フランス人フォトグラファー達だが、
これを機会に態度が一変したのは面白かった。
「ミヤタはパリに住んでて、いい仕事してるよ!」とまるで自分の仲間のように対外的には振る舞う(笑)
それまでは冷ややかな目で僕を見ていた奴らのこの豹変ぶり、いいんだけどね別に〜
c0078779_02790.jpg

でもそのおかげで仕事もやりやすくなったし、パリのレストランやカフェで彼らに会う機会もあり、
いつしか旧知の友人のように思えてくるのだから、人の気持ちは不思議なものだ。
by MICROPARIS | 2016-04-26 00:11 | LIFE | Comments(2)