<< Paris, Home 13/... Dover to Calais >>
Paris, Home 11/July, 「P.ANGENIEUX」に捧ぐ
イギリスから帰ってきましたが、しばし撮影意欲が湧きませんでした...
最大の原因はイギリスGPでの劇的な天候の変化にありました。
もちろんパリも天候の変化は激しいのですが、
イギリスのそれはパリの比ではありません。

c0078779_9323783.jpg

LEICA M8 + P.ANGENIEUX / 28mm / F3.5 / MS マウント改

久しぶりにF1を撮影していて自らがいいな!
そう思え、納得できるカットが数カット撮れたのですが、
そのどれもが自然の力なくしては表現でき得ないカットなのです...
僅か1時間30分のレースの間に、あんなにも劇的に変化して見せてくれた
自然の素晴らしさに心から感謝をしました。

c0078779_933698.jpg

LEICA M8 + P.ANGENIEUX / 28mm / F3.5 / MS マウント改

それと同時に写真と天候の密接な関係を改めて思い知らされ、
被写体も含め、いわゆるシャッターチャンスが、
他力本願である部分の多い写真とは何と運任せなものなんだろう?
ここ数日そんなことを考えていました。

c0078779_9335314.jpg

LEICA M8 + P.ANGENIEUX / 28mm / F3.5 / MS マウント改

確かに自分の写真を振返ってみても、「たまたま」「偶然」、
そういった類いの出会いやチャンスが巡り会わせてきて、
狙っていたカット+αで魅力が出ているのですよね。
でも、だからこそ写真は面白いのかもしれない...
などと、どちらかといえば後で振返ると、しょうもないことばかり。
そんな思いを重ねていたのでした(笑)

c0078779_9342666.jpg

LEICA M8 + P.ANGENIEUX / 28mm / F3.5 / MS マウント改

ここ数日のパリの天気がさほど魅力的ではなかったのは事実なのですが、
それでは僕の元に嫁いできたアンジェニューに申し訳が立たない!(笑)
そこで今日は天気の影響もあるけれど、アンジェニューに敬意を評し、
50年前のモノクロームしか無かった時代のレンズで、
今のパリをあえてモノトーンで表現してみたらどうだろうか?
そんな思いで散歩がてら撮影をしてみました。

c0078779_9351065.jpg

LEICA M8 + P.ANGENIEUX / 28mm / F3.5 / MS マウント改

おそらくこのブログではこれが最後のモノクロームになると思っています。
それは基本的には僕のパリは、あえて総天然色で表現したいと思っているからです。
これも大陸を経て半世紀を旅して僕の元に辿り着いた、
一本のレンズへの僕の思いだと理解して頂ければ幸いです。

c0078779_9353434.jpg

LEICA M8 + P.ANGENIEUX / 28mm / F3.5 / MS マウント改
by microparis | 2008-07-12 10:14 | PARIS+LEICA M8 | Comments(10)
Commented by sa55t at 2008-07-12 18:20
BW、ガッツリ出てますね。
すてきじゃないですか。「また」を期待したいです。
Commented by YUKI at 2008-07-13 00:23 x
microparisさん、こんばんは。
 アンジェニューによる50年まえのモノクロームのParis、感慨無量です。 これっきりじゃなくて、よろしければときどきお願いいたします。
 
 おっしゃるとうり、写真は「たまたま」「偶然」が大きいですが、気が入っている時は、「被写体」から寄ってくる事が多々ありますね。
 今までに何度か経験があります。
 
Commented by microparis at 2008-07-13 09:41
sa55tさん、
メールも送りましたが、やはりモノクロームの時代のレンズ、
この奥行感、立体感は素晴らしいです。

「また」どころか病み付きになりそうです...(笑)
ただし、アンジェニュー限定ですが。
Commented by microparis at 2008-07-13 09:44
YUKIさん、
アンジェニューのモノクローム素晴らしい描写をします。
モノクロームの良さを引き立てる為に、あえてスキンも変更しました(笑)

ではモノクロームの巴里はアンジェニュー限定で、また次の機会に...
Commented by sa55t at 2008-07-13 22:26
この、フィルム風の見せ方も良いですね。
本物のBWに見えました。
スキンもなかなかよろしいです、良いセンス。
Commented by microparis at 2008-07-14 04:09
sa55tさん、
ありがとうございます、実は結構苦労しました(笑)
スキンはモノクローム仕様という感じもしますが、
しばらくはこれでいきます。

本来は自作で作れれば良いのでしょうが、
知識と時間が足りずに、既成のスキンで我慢をしているのですが...
Commented by hunau at 2008-07-14 10:37
本当に、なんとも言えない優しい世界ですね。
それにしても、珍しいことなんじゃないですか、手を入れて紙焼き風にしてみるなんて・・・
でも、この見せ方が最良と判断したからこその処理だというのは、
まさに一目瞭然、不思議なくらい写真に引き込まれてしまいます。

また、アンジェニューへのほれ込み具合が増したようで、姫がやきもちやかないよう祈っています。

「たまたま」も「偶然」もみんな出会っているかもしれないのに、
それを写真に残していることが、microparisさんの必然なんですよね・・・

自分にも言い聞かせます。
Commented by microparis at 2008-07-14 21:34
hunauさん、Fポンお疲れさまでした。
TKもあと一歩というところでしたね、ARTAは何だかな...ですが。

モノクロームを見せるのであれば、やはり「魅せたい」という思い、
そしてアンジェニューの生まれた時代を想像しながらの作業でした。

偶然の賜物、それが写真なんでしょうね...
Commented by hunau at 2008-07-14 22:58
これは、ほめ言葉として受け取ってくださいよ・・・お願いします。

最初見たときに、パリの街のどこかのお店でバライタに焼いた古い
写真を見つけて来て、「昔のパリはこんなんだったんですよ」って
紹介するためにスキャンしたのかと思いましたよ・・・

ARTAは、なんとも言葉も無い・・・けががなくて本当に良かった。

TKは去年まで、鈴鹿はまったくだめだったんですよ。
いつも「データがなくてねぇ~と、こぼしてたのに」と
そんな話をしたらにやっとして、「ちゃんと仕事してますよ」と
今年は鈴鹿の良いデータを見つけたようです。

しかし・・・写真の方は散々でした。
撮影回数が一番多いサーキットの鈴鹿なので、いったことの
無いポイントを選んでみたのですが・・・

それに、2レース制となると、周回数が短いので、スタート撮りに
いくと、パターンがきまってしまうため。レース2はスタートはやめ
ました・・・
Commented by microparis at 2008-07-15 02:03
hunauさん、大丈夫です、素直に受け取ってますから(笑)
「昔の巴里」そう思って頂ければ大成功です!

2ヒート制は個人的には反対です、やはり1日1レースが基本ですよ。
却ってラップ数が減り、行き場がなくなりますよね...
(そう言えば大輔が撮影中に大怪我をしたとか...心配です)
<< Paris, Home 13/... Dover to Calais >>