<< Paris, Home 01/... Paris, Home 29/... >>
Paris, Home 30/06, 「The Seine」
c0078779_7381234.jpg

LEICA M8 + ZEISS DISTAGON T*15mm / F2.8 ZM

今日も天気の良いパリです。
気温は30℃近くまで上がっても、30%に満たない湿度が快適です!

c0078779_7401531.jpg

LEICA M8 + LEICA SUMMICRON-M 90mm / F2.0

そんな今日は夕食後にセーヌ河の右岸沿いを歩いてみました。
時間的には午後8時過ぎですが、感覚的には日本の午後4時頃でしょうか?
平日ですがこの時間になると、セーヌの川岸はジョギングする人や、
宴会の準備をする人、そして散策あるいはデートをする二人と、
賑やかな顔ぶれで溢れています。

c0078779_741304.jpg

LEICA M8 + LEICA SUMMICRON-M 90mm / F2.0

湿度は低く快適とはいったものの、そして午後8時過ぎとはいえ、
夏の陽射しはいまだに強く、
岸辺で日光浴にいそしむ男女の数に反比例して、衣服の数が減り、
水着姿の女性の数は日々上昇中です(笑)

c0078779_7423198.jpg

LEICA M8 + LEICA SUMMICRON-M 90mm / F2.0

基本的には石畳なので、それほど照り返しは強くないのですが、
それでも強烈な陽射しは時として暑く感じられます。
河岸を歩くとセーヌを渡る風の心地よさにホッとするのもこんな瞬間です。

c0078779_7432161.jpg

LEICA M8 + ZEISS DISTAGON T*15mm / F2.8 ZM

ポンデザールから河岸を歩き出したのですが、特徴的な歩行者専用の、
レオポール・セダール・サンゴール橋(Passerelle Léopold-Sédar-Senghor)から、
オルセー美術館からチュイルリー公園に渡るトンネルを抜け、
ここでは土の地面の公園内を歩きます。

c0078779_7442171.jpg

LEICA M8 + LEICA SUMMICRON-M 90mm / F2.0

緑の豊かな公園の木陰は涼しく、昼寝にいそしむ人もちらほらと。
ベンチや置かれている椅子を巧く利用して、
それぞれに快適な夕暮れ時を楽しんでいるのです。
これもサマータイムの恩恵でしょうか?

c0078779_74545100.jpg

LEICA M8 + LEICA SUMMICRON-M 90mm / F2.0

そして長い夕暮れはロマンチックな夜への始まりです。
とびっきりのお洒落をしてレストランへ食事に向かうのでしょうか?
そんな二人連れも目立ってきました...

c0078779_752163.jpg

LEICA M8 + LEICA SUMMICRON-M 90mm / F2.0

さて、今日はここらで帰りましょうか?
お決まりですがルーブル美術館の中庭を抜けて自宅までと。

c0078779_7481937.jpg

LEICA M8 + LEICA SUMMICRON-M 90mm / F2.0

今週末のイギリスGPでもこんな快適な晴天が続くと良いのですが...
それは無理な望みというものでしょうかね?(笑)

c0078779_749077.jpg

LEICA M8 + ZEISS DISTAGON T*15mm / F2.8 ZM
by microparis | 2008-07-01 07:53 | PARIS+LEICA M8 | Comments(10)
Commented by tripper_01 at 2008-07-01 08:17
あの木の橋、階段の隙間からセーヌが見えるのが怖くて、腿の裏辺りがゾワゾワするんですよ。
思わずレンズキャップを握りしめたり、考えるだけでも苦手!
Commented by microparis at 2008-07-01 08:39
tripper_01さん、苦手ですか?
僕は高いところも好きなので、快感ですが(笑)

でもレンズの交換とかレンズキャップには気を遣いますよね、
実は過去にリアキャップを1個ですが、
ポンデザールからセーヌに献上いたしましたので...(爆)
Commented by tripper_01 at 2008-07-01 09:12
ぁ、申し訳ありません。
私、以前から黙ってリンクさせて頂いておりました!
大遅延でありますが事後承諾お願い申し上げます。
私のリアキャップの一つはウィーンの安食堂の棚の下に何年も眠ってるハズです!
仕方なく現地調達しましたが、10ユーロ以上した記憶...
Commented by microparis at 2008-07-01 09:29
tripper_01さん、では痛み分けということで...
でもムールの缶詰、ご所望であれば密輸いたしますので(笑)
Commented by バイアリー・ターク at 2008-07-01 10:01 x
午後8時過ぎても夕暮れ時というParisの夏。
やはり緯度が高い場所なのだなとあらためて実感いたします。

青空と高温に恵まれたParis。
涼しかった昨年の鬱憤を晴らす事が出来そうでございますね。
漫遊記も夏らしいParisが舞台となりそうで嬉しい限りです。
Commented by YUKI at 2008-07-01 10:19 x
microparisさん、おはようございます。
 1枚目のショット カメラアイ?にドキリ といたしました。

 私にはmicroparisさんのParisがまだまだ新鮮でワクワクいたします。
Commented by microparis at 2008-07-01 10:30
YUKIさん、ありがとうございます。
僕自身もまだまだ撮りたらない...飽きるなんてとんでもない状態ですので。

Shingaiさんのサイトに行けるようになりましたので♪
また、Shingaiさんとも今後のお付き合いが楽しみであります。
Commented by microparis at 2008-07-01 10:31
バイアリーさん、大丈夫です!
今年のパリの夏は夏らしいものになりますよ。

「社長漫遊記」十二分に堪能して頂けると思いますので!(笑)
Commented by hunau at 2008-07-02 01:22
1-3枚目、5枚目こんな感じの写真。その人たちの居る場所を感じる、この距離感がいいですよね。

そして、新聞を読む紳士の写真は、光がなんともいえない。
まさにmicroparisさんの真骨頂という感じです。

【お詫び】
先の記事のコメントでは、ついつい、いつもの一対一でやり取りをしてい
る時の感覚で、雑な内容の書き込みをしてしまい、お読みになった方の
中には不快に感じたかたもおられたことと存じます。

この場を、お借りしてお詫びいたします。

申し訳ありせんでした。

お読みになつた方がお受けとりになった印象は、私には計り知れませんが、けっして
否定的な意味での書き込みではなかったことをお伝えしたいと思います。

新しいスタンスのパリの紹介が始まるんではないかと、感じたことを
独りよがりな書き方をしたために、内容がちぐはぐでなにも伝わらない
内容になってしまいました。

重ね重ね、申し訳ありませんでした。
Commented by microparis at 2008-07-02 05:30
hunauさん、
気にしないでください!
コメントを頂けるということは、
それだけでもありがたいことだと僕は思ってますから。

「写真は写心」です!
<< Paris, Home 01/... Paris, Home 29/... >>