<< チャンス or ピンチ?そして海外へ 僕の「一番」好きのその訳は... >>
初めての撮影、そして現像
周囲の学生は高校時代に写真部だったり、何とか展入選とか、
ともかくカメラすら持ったことのない僕のレベルではお話にならないのは明らかだった。
まず最初に撮影をしてモノクロームの現像を学ぶのだが、
僕「へぇ〜不思議だ!画像が出てくる〜」同級生達は「焼きが甘いな、黒が締まってないな…」
こんな具合だったのだがら、推して知るべしだ。
c0078779_0591749.jpg

ではどんな学生生活を送っていたかというと、
御茶ノ水にキャンパスがあったので、とりあえず「行ってきます!」とオニギリを作ってもらい、
家を出る。そして僕が向かった先はもう一駅手前の飯田橋。
そう当時はここにギンレイホール、佳作座といったいわゆる名画座があった。
そして入れ替え無しでずっといられたので3本立てを何度も繰り返して見て、
最後にはその映画の決め台詞を覚えてしまうほどだった。
c0078779_0595473.jpg

そして学校に行くのは学園祭と体育祭、野球大会程度になり、
あとはほとんどの時間を映画館で過ごして居た。
元々、親父の家業が浅草の氷屋で花屋敷の真裏に自宅があったので、
幼少期はもっぱら花屋敷が遊び場で、時々親父について氷を納めに、
映画館やロック座についていき、映画館は見放題、ストリップ劇場の楽屋でも人気者で、
「氷屋の僕〜差し入れにもらったお菓子があるからあげるわよ!」なんて、
今思えば露わなオッパイに囲まれていた!(これはもう少し大きくなってから体験したかった…)
c0078779_104482.jpg

そんな過去があるので、当時観た映画は子供には渋いものばかりで、
まさに大人の世界を背伸びして覗き見しているようだったが、
今思えばこの当時から銀幕の世界に憧れ、海外行ってみたい、
イングリット・バーグマンの美貌に子供心に恋をして、
グレース・ケリー、オードリー・ヘップバーンに会ってみたい、
そしてハンフリー・ボガードやロバート・テイラーの渋さに憧れていた。
c0078779_111780.jpg

しかし現実の問題として、僕の学校生活は破綻をきたしていたのだが、
担当の先生が「お前は学校にいてもダメだ!だから卒業して社会でもまれて来い!」
と学業以外のイベントでの活躍を評価したらしく、学校を体良く追い出された形になった。
c0078779_115292.jpg

そして僕に残された猶予はあと2年。
約束の4年後には何かでメシを食ってないと、自衛隊に行かされる…
どうしてもそれは回避したい、真剣に思い悩んだ僕は、
自分が卒業したスキースクールのインストラクターになろうか?そう思っていた。
でも冬はいいけど夏はどうする?スクールに相談したら「うちのリンゴ園で働けば」と言われたのだが、
さすがにリンゴ園はねえ〜
せめてテニスのインストラクターか何かだったら、迷わずに僕はこの道に進んでいたはずだった。

そして卒業を控えた時期に、同級生から撮影のアルバイトをしないか?と誘いがきた。
高校時代自分がプレーヤーだったバスケットボールで国体の試合だった。
もちろんスポーツを撮るなんて初めてだし、右も左も分からない状態だが、
とりあえずなんとかなるか?そう思いカメラを持って、長野の国体会場まで向かった。
c0078779_161466.jpg

おそらくこれが僕の最初の撮影としての「仕事」で、
給料は当時、時給600円。バスケの一試合は約1時間半なので一試合撮ると900円也!
フィルムと現像代は出してくれたが、基本的に版権は会社持ち。
今ならありえないと言えるが、当時の僕にはこれでも破格の条件に思えたのだ。
そして結果的にこの時に撮影した1枚が編集長の目に止まり、僕の運命は大きく動き出すことになる。
by MICROPARIS | 2016-06-21 01:10 | LIFE | Comments(1)
Commented at 2016-08-08 22:28 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< チャンス or ピンチ?そして海外へ 僕の「一番」好きのその訳は... >>