<< 汐留BOARDWALK 丸福珈琲店@ららぽーと新三郷 >>
「Produce」プロデュース...
「Produce」本来は産出、生産、制作などを意味する言葉。
c0078779_23254328.jpg

F1SCENEでは自分の写真を交えながら、一つの作品としてプロデューサーの立場もとっている、
しかし今回は完全にプロデュースだけ...
完全に他人の写真を使い、目的に沿った写真集を作り上げる。

正直に言えば自分の写真集を作る方が遥かに楽だし、何より楽しいよね(笑)
人の作品の数十万カットに及ぶストックの中から、
僕が意図した写真を探し出すだけでも途方も無い時間を費やすことになるわけで、
どうしてバリエーションを撮らなかったの?
何故?どうして?出て来るのはこんな疑問符付きの言葉ばかり...(笑)
いやはや何ともとんでもない仕事を請け負ったもんだと最初は思ったね。
c0078779_23261415.jpg

そして完成までの道程を想像するだけで気が遠くなっていた。
しかしK監督と「格好良い本を作る」と約束を交わした以上、何とかするのが男の子(笑)
「いや〜本当に良かった!」
今日その初版が手元に届いてページをパラパラと繰ってみての僕の第一声がこれ。
これならきっと監督も満足してくれるでしょ。
納得のいくものが出来上がったという満足感は、自分の作品集よりも苦労した分だけ大きい?(爆)
c0078779_049533.jpg

そもそも写真なんてもの凄くセルフィッシュなもので、
自分が気にいればそれで良いという世界のものでもあるわけ。
だから価値観の違うカメラマンの写真を構成し、作品と言うレベルまで仕上げる、
漠然と頭では理解していたつもりだったけど、
現実としてやってみて、こんなにも大変なものとは想像の範疇を超えてたね...

今まで常に自分がメインで進めてきた仕事環境から、
人を盛り上げ良い写真を産み出させ、作品として完結させるという、
ある種真逆のことをする訳だから、
このスキルは僕にとってもホントに貴重な経験だったと思う。

そしてどんなに時代がデジタル化に向けて進もうとも、
やはり写真は「紙」じゃなくちゃ!と改めて再確認。
同時にやる気も倍増してきたよ。

さあ、では次行こうかね!次!
覚悟はいいかな?そこの「あ・な・た」...「あなた」ですよってば!(爆)

*この写真集に興味のある方はコチラへどうぞ↓
KR10 〜KONDO Racing Team 2000-2009〜
by microparis | 2010-03-02 23:30 | Etc... | Comments(9)
Commented by norinoren at 2010-03-02 23:54
次ですね〜次!楽しみですねぇ!!

人一倍人を巻き込むだけのパワーを持ってる宮田さんにはプロデューサー業って、実は向いているのではないですか?!
さらに自分の仕事に厳しい人は、人の仕事にも厳しいはず。
ドS気味な所も向いているのではないですか?!
Commented by microparis at 2010-03-03 00:47
norinorenさん、そうですね、実は向いているのかもしれませんね〜
自分でもそう思う節もあり、今後の人生を考えますわ(笑)

ドSですか??なんかね、あの人見てるとイジメたくなるんですわ(爆)
やっぱりドSか...

鈴鹿には相方君に最高のプレゼントを持参しますので、
aoさん共々、是非会いましょう!

Commented by バイアリー・ターク at 2010-03-03 10:04 x
「納得のいくもの」
このひと言がいやがうえでも更なる期待をいだかせます。
早く、拝見したくてウズウズしているバイアリーでございます。

大魔神ブランドの「高性能アンプ」が、どんな「次」を産み出すのか?
心より楽しみなバイアリーでございます。
Commented by microparis at 2010-03-03 10:25
バイアリーさん、間違いなく素晴らしい作品の完成です(笑)
明日辺りにはお手元に届くのでしょうか?
また感想を聞かせてくださいませ。

次なるターゲットは「中国」です!と宣言しておきましょう(爆)
Commented by hunau at 2010-03-03 13:14
ほんと、ありがとうございました。
そして、お手数をお掛けしまくりました。

とにかく、形になった。
でも、私まだ見てない・・・

そう、私です。いじめられキャラの・・・

でっ、「中国」さん、覚悟はよろしいでしょうか・・・
Commented by トスカーナ・アグリの女将 at 2010-03-03 20:31 x
お久しぶりでございます。
これはず~っと続く宮田アートの世界の一環なのですね。これも年齢・経験のなせる業でしょうか。歳をとると色々と面倒なことがでてきたり、尖がりが丸くなったりして自分でも気に入らないことが多いのですが、でも色々幅が広がることを考えるならそれはそれで歳を重ねるのも悪くないですよね・・・
究極の自分のプロデューサーは自分ですが、それでもベターハーフがその一人だと人生最高ですよね。貴殿の場合、完全無欠のそのみ氏がその敏腕をいかなく発揮、いつも敬服しております。
いつの日かイタリアの写真を撮りにいらしてくださいませ。
Commented by microparis at 2010-03-03 23:02
トスカーナ・アグリの女将さん、
歳を取ると確かに面倒だな〜と思うこと増えますよね。
そして僕自身も自分でも驚くほど丸くなりましたよ(体型もですが...)

そうですね、僕の場合には素晴らしい(時々怖いですが...笑)
敏腕プロデューサが側にいるようなもんですからね。

イタリア、トスカーナは大好きな土地でもあります。
時間をゆったりと取って、
いつかそう遠くないうちに必ず伺いたいと思っていますので!
Commented by shingai at 2010-03-04 08:02 x
お!これは買わないと。
人の写真をセレクトするのはある種カンタンっちゃカンタンなのかもしれませんが、大人数の中からとなると難しいかもしれませんねー。楽しみにしてます。

今年一度ヨーロッパに写真を撮りに行くつもりで居ます。F1もむこうで見るのが楽しそうと思うのですが、具体的にどうしていいのかサッパリわかりません(笑) motoGPも見たいのですが。。。ハドッグに行けば何処かに宮田さんがいらっしゃるんでしょうね(笑)
Commented by kichiji at 2010-03-04 12:29 x
もしかして・・・私・・・!?
<< 汐留BOARDWALK 丸福珈琲店@ららぽーと新三郷 >>